おおぞら葬儀社ブログ一覧

家族葬

家族葬とは
ご家族・ご親族を中心に、親しい友人を含む近親者とのお別れを最優先に考え、小規模ながらお通夜や告別式、火葬といった一般的なセレモニーを執り行う近年人気のあるお葬式です。
儀礼的な弔問がないため、故人さまとのお別れの時間をゆっくり過ごすことができます。
2日間式を行うので、やむを得ない事情で通夜式にしか出席出来ない、急なことで告別式にしか間に合わないといったように参列者の都合に合わせられるのも家族葬プランのメリットです。

家族葬の形式に、知人・友人をどこまでの範囲までお呼びするか決まりはありませんが、一般的には会社・職場関係者などは招待しないため、お葬式の規模は小さくなり、一般的な葬儀価格と比較して予算を抑えて、心に残る葬儀が行えます。

おおぞら葬儀社では事前相談も行なっておりますので、お気軽にご相談頂けます。


安心のお約束!

今回はおおぞら葬儀社よりお知らせです!

この度85歳まで申し込み可能!
葬儀費用に備える保険!

*葬儀保険 「千の風」取り扱いを始めました!

「千の風」のご説明からお申し込み、保険金請求のお手伝いまで、すべてに対応し、安心のサポート体制をつくります。
「千の風」でお客さまの葬儀費用の不安解消に努めます。

詳しくは
[引受保険会社]
*ベル少額短期保険株式会社
*葬儀保険「千の風」検索して頂くと詳しい内容の確認が出来ます。

今後ともおおぞら葬儀社を宜しくお願い致します。


お通夜と友引の関係

お通夜の場合、葬儀のように友引の日を避ける必要はないとされています。
しかし、お通夜の翌日に葬儀を行うので、葬儀の日に友引が重なる場合にはお通夜の日程も変更になることがあります。

*友引は必ず避けなければいけない?

*友引に葬儀は避けるべきなのでしょうか?

○友引の意味を気にするかどうか
世間一般的に、友引に葬儀を行うのは縁起が悪いとされていますが、もともとの「供引」という言葉にはそのような意味はありません。
そのため、友引の意味について気にならないのであれば、葬儀の日程についても気にする必要はないでしょう。

○葬儀の日に友引が避けられる訳
友引は六曜という暦のなかのひとつで、先勝と先負の間にあります。

六曜のなかには吉日と凶日がありますが、この日は葬儀に関しては凶日とされています。
「凶日に友を引く」という言葉があるように、友引に葬儀を行うと故人と親しかった人も連れていかれてしまうと言われているのです。そのため、葬儀は友引を避けて行われるようになりました。

*友引にお通夜を行うことに問題はありません。しかし、友引であることによって葬儀の日程をずらさなければいけないこともありますので、無理のない日程を組むようにしましょう。

*友引に葬儀を避ける事が多いので、友引に火葬場が定休日になっていることが多く、友引に葬儀ができなかった方で火葬場が混み合うことも考慮しておきましょう。


お清めの塩とは

お清めの塩という言葉通り、自分自身や家の周辺に塩を振りまくことによって死による穢(けが)れを払うという意味があります。
清められた塩には魔除けの効果があると信じられており、塩を振りまくことによって自分自身や家を守る結界を作るためのものと感がえられています。

*お清めの塩の使い方
お清めの塩の使い方として、お葬式から帰った玄関先などで自分に振りかけるというのが一般的に知られている方法ですが、実際にはどのように撒けばいいのか、どういう順番で体に振りかければいいのか、適当に済ませてしまっているという人も少なくないでしょう。

お清めの塩を振りかける順番ですが、胸・背中・足元の順番で行うことが望ましいと言われています。
これは血流の巡っていく順番であり、穢れは血の巡りに沿って全身を巡ってしまうと考えられているためです。
振りかける塩の量はひとつまみ程度で十分だとされています。また、振りかけた塩は穢れを持ってしまっているので必ず払ってから家の中に入るようにしましょう。

○玄関わまたぐ前に、お葬式から帰ってきたらすぐ

○胸・背中・足元の順番で

○お清めの塩は人に振りかけてもらう方が望ましい

お葬式でお清めの塩を渡されたら地域の習慣ではありませんが、行なってみてはいかがでしょう。


お位牌と戒名

お位牌は、御霊のとどまる場所、つまり霊位を表す牌のことです。
亡くなられた方の姓名、死亡年月日を記して礼拝します。
お位牌についての歴史は、中国の儒教におけるご先祖様やご両親の存命中の位官や姓名を板に記して書いたものが禅宗と一緒に日本に伝わってきたのが始まりと言われています。

*戒名とは仏の教えに帰依し、定められた戒(行動の規則・精神を律しる規則)を守ると誓った者に対して与えられる名前のことです。
戒名は本来2文字ですが、この戒名の上に同号、さらに院号・院殿号がつれられ、戒名の下には位号がつけられ、その一連の文字構成を称して戒名と呼びます。
浄土真宗では戒名と言わず、法名といいます。他の宗派が授戒会に加わって授かる名前なので戒名といいますが、浄土真宗では戒を受けることがないので、仏弟子として、法名と呼ぶことになります。


葬儀後の主な法要

葬儀後はお盆や祥月命日といった節目で法事・法要が行われます。
そもそも法要とは、故人の冥土での幸福を祈る儀式のことを指します。
仏教では、遺族が法事・法要を行うことで故人が極楽へ行くことができると考えられているため、区切りごとに法事を行なって故人の冥福を祈るのです。

*初七日と四十九日は葬儀後すぐの重要な法要

仏教では人は亡くなった後、7日おきに閻魔大王のもとで生前の行いの審判を受け、7回目の審判で極楽に行くかが決定されると考えられています。
1回目の審判である亡くなって7日目の「初七日」と、最後の審判の日である「四十九日」は特に重要な日と考えられており、僧侶を招いて法要を行うのが一般的です。
*初七日と四十九日は亡くなった当日も含めて数えます。

四十九日の法要は仏様となった故人の魂を本位牌・仏壇に移す開眼供養、納骨などの行事もあり、一区切りつく日です。
四十九日までは故人の魂は家に溜まっているので「忌中」といい、四十九日の法要で「忌明け」となります。


喪中の時の年末年始の過ごし方

家族など身内が亡くなった際、遺族が一定期間、喪に服することを忌服(きふく)または服忌(ぶっき)ともいいます。
この忌服の期間を喪中といい、この期間は故人の冥福を祈り、お祝い事など派手な事は控えて、つつましやかな生活を送るのが習わしです。
喪中の間は家庭の中でも喪服を着て外との接触を避け、家の中に閉じこもるなどしていましたが、近年では喪中であっても、それほど日常生活に制限を設けるようなことはありません。

お正月の過ごし方は、正月も新しい年を祝う慶事であるため、喪中の間はお正月の飾り付けや、初詣、年始の挨拶などの正月行事は避けた方が良いとされています。

*喪中の期間
一般的には一周忌までの期間を指します。

*喪中のお正月でおせち料理は食べていい?
食べてもいいの?というと、食べない方がよいというのが通例です。縁起がよいとされている食材や料理が並んだおせち料理は、お祝いの料理です。喪に服し、お祝い事を避けている時期には控えた方がよいでしょう。

*今年もあと数時間で新年を迎えますね!
来年も、おおぞら葬儀社を宜しくお願い致します。


供花とは?種類・マナー

訃報をうけたら、故人の間柄によって供花を贈ります。

供花は、「きょうか」または「くげ」と読み、亡くなられた方のご冥福を祈る気持ち(弔意)を込めて生花(お花)を供える事で霊を慰めるという意味をもっています。

基本的には白菊をメインとした生花を用いていますが、最近では洋花も使われる事が多くなってきています。

*宗教による供花の種類

信仰している宗教によって供花の種類や考え方には違いがあります。
仏式・神式では、供花としてごく一般的に飾られますが、神式の場合は供え方のしきたりが難しく、キリスト教のカトリックの場合、供花は教会ではなく自宅に、プロテスタント場合は生花のみ飾られます。

*仏教*
供花に使用する花は基本的に生花で、菊やカーネーション、ユリ、デンファレなどか一般的で、高級感を出すのに胡蝶蘭を入れることもあります。
色は、白をベースに薄いピンクなど落ち着いた雰囲気に仕上げます。

*神道*
籠盛り、フラワースタンドなどが多く生花を使用しています。
花の種類は、白い菊が使われることがほとんどですが、ユリの花も使われ、白をベースにシンプルな色合いで供えられます。

*キリスト教*
キリスト教の場合、スタンドフラワーや花輪などを供花として用いることはありません。
籠盛りのようなフラワーアレンジメントを用いることが多いです。
使用する花の種類は、洋花が中心となり、仏教や神道で使用される白菊は使われません。
カーネーションや、ユリを使用することが多く、白い花に限らず色花も使われます。
十字架やハートのフラワーアレンジメントを供花として送るのもキリスト教ならではです。

*故人の最後に寄り添うお花に、これまでの感謝を込めて送りたいですね。


お葬儀のマナー 焼香編

今日はお葬儀のマナーについて、少しだけお話しします。

葬儀は静粛な空気の中、しめやかに行われます。普段は面識のない方や遠方の親戚、知人にも会うことでしょう。葬儀の場での心構えとして、マナーを身につけておきましょう。

焼香の作法
[作法1]
霊前の祭壇少し手前で僧侶と遺族に一礼。
[作法2]
抹香を親指、人差し指、中指でつまみ静かに香炉に落とす。
[作法3]
合唱したまま一礼。
[作法4]
後ろへ下がって一礼、僧侶・遺族へ一礼して戻る。

*真言宗・曹洞宗派・・・3回
*真宗大谷派・・・・・・2回
*浄土真宗本願寺派・・・1回
*天台宗・日蓮宗・・・・1回もしくは3回
*浄土宗・・・・・・・・1回〜3回

*焼香の回数は、宗派によっても異なりますが、回数にこだわるよりも、心のこもった焼香を行うようにしましょう。


霊柩車がクラクションを鳴らす意味

葬儀の最後出棺時にクラクションを鳴らすのは、クラクションの音には端的に、参列者に「ありがとう」や「最後のお別れだよ」という感謝やさよならの意味が込められ鳴らされています。
船や汽車が出港出発する時の汽笛に倣ったという理由で、お別れは、出発でもあるという解釈から、長めのクラクション音を響かせるとも言われています。

霊柩車のクラクションは、遺族や参列者または残された方々へのお別れの挨拶であり、また故人の旅立ちの合図や最後の表現でもあります。