お位牌と戒名

お位牌は、御霊のとどまる場所、つまり霊位を表す牌のことです。
亡くなられた方の姓名、死亡年月日を記して礼拝します。
お位牌についての歴史は、中国の儒教におけるご先祖様やご両親の存命中の位官や姓名を板に記して書いたものが禅宗と一緒に日本に伝わってきたのが始まりと言われています。

*戒名とは仏の教えに帰依し、定められた戒(行動の規則・精神を律しる規則)を守ると誓った者に対して与えられる名前のことです。
戒名は本来2文字ですが、この戒名の上に同号、さらに院号・院殿号がつれられ、戒名の下には位号がつけられ、その一連の文字構成を称して戒名と呼びます。
浄土真宗では戒名と言わず、法名といいます。他の宗派が授戒会に加わって授かる名前なので戒名といいますが、浄土真宗では戒を受けることがないので、仏弟子として、法名と呼ぶことになります。