葬儀後の主な法要

葬儀後はお盆や祥月命日といった節目で法事・法要が行われます。
そもそも法要とは、故人の冥土での幸福を祈る儀式のことを指します。
仏教では、遺族が法事・法要を行うことで故人が極楽へ行くことができると考えられているため、区切りごとに法事を行なって故人の冥福を祈るのです。

*初七日と四十九日は葬儀後すぐの重要な法要

仏教では人は亡くなった後、7日おきに閻魔大王のもとで生前の行いの審判を受け、7回目の審判で極楽に行くかが決定されると考えられています。
1回目の審判である亡くなって7日目の「初七日」と、最後の審判の日である「四十九日」は特に重要な日と考えられており、僧侶を招いて法要を行うのが一般的です。
*初七日と四十九日は亡くなった当日も含めて数えます。

四十九日の法要は仏様となった故人の魂を本位牌・仏壇に移す開眼供養、納骨などの行事もあり、一区切りつく日です。
四十九日までは故人の魂は家に溜まっているので「忌中」といい、四十九日の法要で「忌明け」となります。