喪中の時の年末年始の過ごし方

家族など身内が亡くなった際、遺族が一定期間、喪に服することを忌服(きふく)または服忌(ぶっき)ともいいます。
この忌服の期間を喪中といい、この期間は故人の冥福を祈り、お祝い事など派手な事は控えて、つつましやかな生活を送るのが習わしです。
喪中の間は家庭の中でも喪服を着て外との接触を避け、家の中に閉じこもるなどしていましたが、近年では喪中であっても、それほど日常生活に制限を設けるようなことはありません。

お正月の過ごし方は、正月も新しい年を祝う慶事であるため、喪中の間はお正月の飾り付けや、初詣、年始の挨拶などの正月行事は避けた方が良いとされています。

*喪中の期間
一般的には一周忌までの期間を指します。

*喪中のお正月でおせち料理は食べていい?
食べてもいいの?というと、食べない方がよいというのが通例です。縁起がよいとされている食材や料理が並んだおせち料理は、お祝いの料理です。喪に服し、お祝い事を避けている時期には控えた方がよいでしょう。

*今年もあと数時間で新年を迎えますね!
来年も、おおぞら葬儀社を宜しくお願い致します。