お葬儀のマナー 焼香編

今日はお葬儀のマナーについて、少しだけお話しします。

葬儀は静粛な空気の中、しめやかに行われます。普段は面識のない方や遠方の親戚、知人にも会うことでしょう。葬儀の場での心構えとして、マナーを身につけておきましょう。

焼香の作法
[作法1]
霊前の祭壇少し手前で僧侶と遺族に一礼。
[作法2]
抹香を親指、人差し指、中指でつまみ静かに香炉に落とす。
[作法3]
合唱したまま一礼。
[作法4]
後ろへ下がって一礼、僧侶・遺族へ一礼して戻る。

*真言宗・曹洞宗派・・・3回
*真宗大谷派・・・・・・2回
*浄土真宗本願寺派・・・1回
*天台宗・日蓮宗・・・・1回もしくは3回
*浄土宗・・・・・・・・1回〜3回

*焼香の回数は、宗派によっても異なりますが、回数にこだわるよりも、心のこもった焼香を行うようにしましょう。