霊柩車がクラクションを鳴らす意味

葬儀の最後出棺時にクラクションを鳴らすのは、クラクションの音には端的に、参列者に「ありがとう」や「最後のお別れだよ」という感謝やさよならの意味が込められ鳴らされています。
船や汽車が出港出発する時の汽笛に倣ったという理由で、お別れは、出発でもあるという解釈から、長めのクラクション音を響かせるとも言われています。

霊柩車のクラクションは、遺族や参列者または残された方々へのお別れの挨拶であり、また故人の旅立ちの合図や最後の表現でもあります。