終活とは

終活が一般化した背景には、2つの理由があります。

1つは「死の個人化」
もう1つは「老後生活への不安」

日本人の平均寿命が年々延びており、老後をいかに健やかに暮らすかという人生設計が不可欠となってきました。
老後の不安を解消し、限られた時間を前向きに生きるポジティブな思考は、もはや現代のスタンダードであるといえるでしょう。

自らの死と向き合うあまり「頼る人がいない一人暮らしで、万が一のときに誰にも見つけてもらえないのではないか」「お墓を買っても、誰もお参りに来てくれないのではないか」という気負いから、終活がストレスになってしまう事もあります。
焦らずゆっくりと、人生をより楽しむためのライフプランを考える気持ちで取り組むことをおすすめします。
そしてそれが、悔いのない余生を謳歌することへと繋がってくのです。